Entries by admin

AI技術の展開

AI技術の展開 日付: 2019年1月1日 寄稿者: Ted – Japan Products AI(人工知能)の話題が広範囲の分野に応用例がでてきて、将来の技術分野の中心(Key Technology)になろうとしている。 我々にもっとも身近に感じられ、急拡大してるのはAIスピーカーだ。IT調査会社のCanalysによれば、2018年第2四半期の世界のスマートAIスピーカーの出荷台数は1,680万台で、2017年の同時期に比べて187%増となっている。

シリコンバレーで開催される「センサエキスポ&コンファレンス」にジャパンプロダクトはプレスとして参加

シリコンバレーで開催される「センサエキスポ&コンファレンス」にジャパンプロダクトがプレスとして参加します。 センサエキスポ&コンファレンスは、センサやセンシング関連の技術に携わるエンジニアや専門家が集まる最大の国際展示会です。6,400人以上の技術者や専門家が世界40カ国以上から集まり、最先端テクノロジー使った力作の製品や専門家のレクチャーなどを受ける事もでき、また製品開発での課題や顧客のニーズに対する解決策なども見つける事がでるのがこのイベントです。30年以上続くセンサエキスポ&コンファレンスの2018年のイベントでは、センサ業界で著名な専門家を招いてのイベントやネットワーキングを提供します。 センサエキスポ&コンファレンスの詳細についてはこちら。 センサエキスポ&コンファレンスに参加される企業の方、今後参加を検討している企業の方で、ジャパンプロダクトとコンタクトをご希望される方はこちら ( ted@japan-product.com ) までご連絡ください。

【開催案内】山中伸弥先生講演会~基礎研究から産学連携まで~(5/16)

日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センターでは、当地に滞在する日本人研究者や企業関係者を中心とした在留邦人を対象に、山中伸弥先生講演会を開催します。 iPS細胞研究がノーベル賞受賞にいたるまでのご経験から、基礎研究・学術研究の重要性についてお話いただくとともに、研究キャリア、業績の中で米国滞在がどのように生きているのかや、オープンイノベーションの取組が必要とされる中、基礎研究・学術研究を産学官連携につなげるためにはどうすべきかをご講演いただきます。奮ってご参加ください。

ビジネスパートナー・プログラム

あなたの力で切り開く、中小企業の海外進出。素晴らしい製品やサービスを手がける企業を一緒に応援!   ビジネスパートナーとは ジャパンプロダクトのビジネスパートナーは、 有料のリスティングプランを利用して収益を得る事ができます。有料のリスティングプランには、ベーシックプランとプレミアムプランの2つがあります。このリスティングプランを企業へ販売する事により、ビジネスパートナーは報酬(※)を得る事ができます。受注した企業が翌年もプランを再契約した場合、再びビジネスパートナーへ報酬が支払われます(※)。企業がプランを解約するまでは報酬は支払い続けられます。

香港のデジタルメディア会社「Base Creative」を掲載

香港に本社を構えるデジタルメディア会社「Base Creative」を U-Partner.Japan-Product.com に掲載する事を承認しました。Base Creativeは2003年に設立され、ニュージーランド、アジアとヨーロッパにオフィスがあります。現地での日本語の広告出版やマーケティングはご相談ください。 詳細はこちら http://u-partner.japan-product.com/company/3089/

インドのローカリゼーションサービス会社「Japan Tsunagari Pvt Ltd.」を掲載

インドのニューデリーでローカリゼーションとコンサルティングサービスを提供しているJapan Tsunagari Pvt Ltd.を U-Partner.Japan-Product.com に掲載する事を承認しました。 インドでの開業をお考えの際はご相談ください。 詳細はこちら http://u-partner.japan-product.com/company/3073/

独自の3D触力覚技術「力覚」「圧覚」「触覚」を同時に再現できる – 株式会社ミライセンス

3次元触力覚技術の研究開発する「株式会社ミライセンス」様を ジャパンプロダクト で紹介させて頂きました。 MIRAISENS, Inc. – A leading haptic technology company 3つの感覚を同時に再現!押したりつかんだりといった感触、ザラザラといった触感などをリアルに体感に必要な、3つの感覚を1つのデバイスで同時に再現することが可能です。