Amazon-Echo-2

AI技術の展開

AI技術の展開

日付: 2019年1月1日
寄稿者: Ted – Japan Products

AI(人工知能)の話題が広範囲の分野に応用例がでてきて、将来の技術分野の中心(Key Technology)になろうとしている。

我々にもっとも身近に感じられ、急拡大してるのはAIスピーカーだ。IT調査会社のCanalysによれば、2018年第2四半期の世界のスマートAIスピーカーの出荷台数は1,680万台で、2017年の同時期に比べて187%増となっている。

2014年11月にAmazonがAI音声アシスト「Alexa」を発表以来、話題を提供していたが、Alexa搭載のAIスピーカー「Amazon Echo」の商品群(Echo Dot, Echo Plus, Echo Showなど)を商品化し、Alexaの対応機種が増え続け、分野を超えた提携が盛んに行われている。Amazonは防犯用ビデオカメラメーカーのRingを2018年2月に買収し、スマートホーム, 太陽光発電などを手がけるVivintや、アメリカのセキュリティサービス最大手のADTとスマートホームサービスを構築している。

レポートの続きはこちらから。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>